🍕ロケットストーブでピザを作ろう!🍕

10月の森のワークショップは『ロケットストーブでピザを作ろう!』を開催しました(^^)/

前日まで雨予報だったけど、始まる直前に雨が上がって、青空まで出てくるという、天皇陛下御即位の日の御慶賀を実感しつつの開催となりました。

といっても、ロケットストーブでピザを焼くのは、なかなか至難の業…。

YouTubeで調べたり、一昨年高山で講演をして下さった、NPO法人ロケットストーブ学火舎の金田代表さんに相談させて頂いたりしたのですが、オーブン機能を持たせるのが、手間がかかるとの事で、今回は、ロケットストーブでは焼きマシュマロとポップコーン作り、そして、ピザは、木片やペレットを使う『🍕ピザ窯』を用意して、作る事にしました。

この本格的なピザ窯は、富士コンクリート株式会社さんからお借りしました。

中はなんと300℃にもなるとの事で、ピザはものの2分ほどで焼き上がりました

せっかく本格的なピザ窯で焼くんだから…と、ピザ生地は、ピザ屋さんでアルバイトをしたことがあるという、私の旦那さんが朝から仕込んで、なんと50枚のピザ生地を作ってくれました

そして、ピザソースは、兀下農園の完熟トマト8㎏を、一日かけて煮込んで作りました

玉ねぎ、バジル、にんにく、塩、こしょう、コンソメなどなど入れて煮込んだピザソースは、とーってもおいしかったです💛

ピザ生地にソースを塗って、お好みの具をトッピングしたら…

窯へ入れます~🍕🍕🍕

後ろの紅葉がきれい…🍂

そして、あっという間に、こんなにとろーり、こんがり焼けました!!

思わず笑顔になっちゃいます♥♥

皆さん、「めっちゃおいし~♬」「チーズとろっとろ!ソースもおいしい!」って言いながら、大喜びで食べてました。

子ども達にとっても、自分で一生懸命作ったピザは格別においしかったと思います。

そして、ロケットストーブでは焼きマシュマロ…💛

「こういう事初めて~」という親子もいて、みんな、とろーり熱々のマシュマロを笑顔いっぱいで食べてました(^^)/

そして、『なべしま』さんからポップコーンの豆をご協賛頂いて、富士コンクリートさんからはポップコーンを作るフライパンを貸して頂いて、みんなでポップコーンを作りました!!

火の上でフライパンを揺すってると、ポンポン!!って音がし始めて、あっという間にフライパンいっぱいのポップコーンが出来上がりました!♬

塩をふった熱々のポップコーンのおいしいこと!

2歳や3歳の子ども達も、モリモリたべてました♥

大満足のピザパーティーが終わって、帰られる時に、「こういう経験が親子でできて、本当によかったです!家ではなかなかできない事ですよね…」っておっしゃって下さった方がいました。

自然に親しみながら、木を燃料にしてお料理をする、これも大切な木育だと思います。

「これはひのきを燃やしてるんですか?」「これは飛騨の木なんですか?」ってたくさんの方が聞いてきて下さいました。

木の命を頂いて燃料として使わせて頂き、トマトや小麦粉、きのこなど自然の恵みを頂いて調理し、それを食する、そういう過程をまるごと体験していく事が、子ども達にとって、大切な学びと体験になったらいいな~って思います。

何よりも子ども達がとびっきりの笑顔で「おいしかった!!」「またやりたい!!」って言ってきてくれたことが、本当にうれしかったです💛

おてんとう様に感謝、自然の恵みに感謝、いっぱい動いてくれたスタッフと子ども達に感謝です💛💛(あ、主人にも…)