元県職員の皆さまに講演をさせて頂きました!

今朝の岐阜新聞に掲載して頂きました!

先日、岐阜県で学校の先生や県庁の職員をされていた方々にお話をさせて頂きました。

退職をされてから、皆さん、地域で子育て支援やボランティア活動をされていらっしゃるとの事で、「活動にわらべうたを活かしていきたい」「自分たちでどんな子育て支援ができるか学びたい」とのご依頼を頂いて、岐阜市の『ぎふメディアコスモス』まで行ってきました~(^^)/

これまで県内の各学校で、子ども達を教え導いてこられた先生方の前でお話をさせて頂くのはすごく緊張したのですが、皆さんがとても気さくで、和気あいあいとした雰囲気の中で、とっても楽しくさせて頂く事ができました。

皆さん、とっても熱心に聴いて下さり、わらべうたの実習も一生懸命取り組んで下さいました。

皆さんにさせて頂いたお話はー

*現代の子育て支援に、何が求められているか(現状と課題)

*わらべうたとはー

*わらべうたの効果と子育て支援への活かし方(「小学校や保育園では、こういう風にやってますよ~」という話も交えながら)

*地域でできる子育て支援

などの内容を、実際にわらべうたにふれて頂いて、皆さんで楽しんで頂きながらさせて頂きました。

皆さんの笑顔と楽しそうに取り組んでおられる姿を拝見して、私は「やっぱりわらべうたってすごい!!」って改めて感動しました。

なぜなら、

♬みんなが一緒に歌いながらできるんです。

♬すぐに覚えられて(思い出して)、2回目、3回目は、全員がマスターしておられるんです。

♬「うちの地域ではこういう風に歌ったよ」「私の小さい頃はこんな遊びだったよ」って、世代や地域がつながっていくんです。

こうして、長年子ども達の教育に関わってこられた皆さま、県の行政に関わってこられた皆さまが、退職されて尚、これまでのスキルや経験を活かして、子育て支援に携わっていこうとされる、そのお心に感動しましたし、そこに「わらべうた」という、どの世代の方々にも簡単に、気軽に、そして何の抵抗もなく(テンポが難しいだの、歌いにくいだのといったものは無いのがわらべうたです)できるものを取り入れていこうとして下さっている事に、心から感激しました。

中日新聞にも掲載されましたー

そして更に感激したことがー

終わって数日して、山本会長さんから、真心のこもったお手紙と共にこのような広報誌と冊子と写真パネルが送られてきたんです( ;∀;)

なんと細やかなお心遣い…と、本当に感激しました!!

今回、このようなご縁を頂き、感謝でいっぱいです。

岐阜県退職公務員連盟女性部の皆さま、本当にありがとうございました。