『コマフェス』大賑わい♥&『夢ざくらカロリア』でもわらべうた♬

コマフェス

ママと子どものためのフェスティバル、『コマフェス』に、おししのカスタネットを作る木育ブースと、わらべうたのステージで関わらせて頂きました。

コマミーの皆さんは、みーんな小さなお子さんのいるママさんたち。

企画、準備、前日の準備から当日の運営、片付けと、とっても動いてみえて、感動しました!

広い会場は、たくさんの魅力的なブースが!!そして、たくさんの親子、子連れの家族が訪れて、おおにぎわいでした。

私達のおししのカスタネットも、開始1時間で、予約が準備した数に達してしまって、最大1時間待ちという大人気のコーナーになりました。

飛騨のブナを使っています。カチカチととってもいい音がします(^^)/

「おししのカスタネットが作りたくて来たんです♬」という方が何人もいて、本当にうれしかったです。

思い思いに描かれたおしし、一つとして同じものはなくて、世界に一つだけのカスタネットです。
ずーっと大にぎわい(^^)/

ですので、早々に「すみません、もうなくなってしまいまして…」とお断りをしなくちゃならなくなって、私の読みの甘さを大反省しました…。

中には、「〇〇ちゃん、なくなっちゃったんだって…」とお母さんから告げられたとたん、大泣きする子もいて、本当に申し訳なかったです。

今年は、夏のコンサートや、秋には『こだま~れ』の事業として『木育フェスタ』を開催しますので、そこでも作れますから、楽しみにしていてください。

そして午後1時半からは、わらべうたのステージ!!

おなじみの「げんこつやまのたぬきさん」から始まったわらべうたは、子ども達、みんなノリノリ~!

くすぐり歌では、お母さんがお子さんを思い切りこちょこちょしていて、お母さん、お子さんの笑顔があふれました。

わらべうたって、ふれあって、笑いあって、親子が自然に笑顔になりますよね。

歌声にもまなざしにも、そしてもちろん手のひらにも『ぬくもり』が感じられて、子どもを優しく包み込む、本当にすばらしいものだな~って思います。

ステキなイベントにお声をかけて下さって、ありがとうございました。

🌸夢ざくらカロリア🌸

わらべうたのステージをみちるちゃんに任せて、私は、一之宮の福祉センター『夢ざくらカロリア』に行って、わらべうたの講習をさせて頂きました。

利用されるご年配の方々に対しての講習だったんですが、この日は、小学生、園児のダンスチーム『レインボーチルドレン」の子ども達とのコラボ企画♥

最初に子ども達がダンスパフォーマンスを披露してから、子ども達におじいちゃん、おばあちゃん達の間に入ってもらって、ふれあいながらのわらべうたになりました。

「せっせっせーの よいよいよい♬」って手をとったり、「じゃんけん ぽん♬」ってじゃんけんしたり、おじいちゃん、おばあちゃんもとーってもいい笑顔で楽しんでくれていました。

最後、みんなでおじいちゃん、おばあちゃん達と握手をさせて頂いたんですが、中には「ありがとな~」と泣かれるおじいちゃん、「また来てね…」と涙を流されるおばあちゃんがいて、私の方が胸がいっぱいになりました。

昭和の初めから、戦争や災害、バブル崩壊などなど、大変な時代の日本を支え続けてくれた方々のおかげで、今の幸せな社会が築かれてきました。

その方々へのご恩返しの気持ちをこめて、これからも喜んでもらえるような活動をさせて頂きたいと思います。

そして、子ども達にとっても、このような交流は、きっと大切な糧になると思います(^^)/