😸『にゃんLiving』に行ってみた!🐈

遊び場情報

森のエコハウスからわずか徒歩5分!
飛騨の里に向かってちょっといった所に、令和2年の7月11日にオープンした『にゃんLiving』があります。


大切なお友達の五十嵐ひろこちゃんがオーナーを務めてて、ご近所さんって事もあって、開店早々にお祝いにかけつけました!!

ネコちゃんがあしらわれた可愛いドアを開けると、ステキな空間がひろがっていて、かわいい猫ちゃんたちがお出迎え…。

浩子ちゃんがネコちゃんたちの為に職人さんと一緒にデザインした、キャットタワーや吊り橋、窓辺のネコベッド…。あちこちで猫たちがゆったりくつろいでいます。

広々とした館内は、光がたっぷり差し込んで、人間もネコちゃんもゆったりほっこりくつろげます。
「来てくれた人がくつろいでもらえるように買ったんだけど…」って言う、ふかふかのソファは、すっかりネコちゃんたちの寝床になってました。


オーナーの浩子ちゃんは、東日本大震災の時、福島県浪江町に住んでいました。
地震と原発事故…。この大きな災害に遭って、故郷浪江町から高山に家族で避難してきたんです。
以来、東北を支援する活動、防災の大切さを伝える活動を展開するかたわら、「大切な命が消されてしまわないように…」と、捨て犬や捨て猫を保護し、里親を探す活動も一生懸命行ってきました。
もう、それだけでも頭が下がるのに、今度は、保護ネコのシェルターを作ろうっていうんだから、本当にすごいです!!


クラウドファンドで準備金を集めて(なんと150%の達成率!)、ネコちゃんのワクチンからトイレのしつけから、オープンの準備から、クラウドファンドの返礼品発送から、いろいろ大変な作業を、持ち前のガッツと明るさでこなしてオープンした『にゃんLiving』は、「だからか~」って実感できるくらい、あったかくてほっこり癒される場所です。

猫じゃらしをゆらゆらすると、どんどんネコちゃん達が寄ってきて、遊び始めます。


人なつっこいネコちゃんもいて、わらべスタッフのミチルちゃんのおひざで寝ちゃう子も…。


ネコ好きな人、ネコ好きな子どもにはたまらない場所です♥

午前10時から午後6時までオープンしているので、子ども達が学校から帰ってからでも十分遊べます。


30分500円の利用料で、一日フリーパスの利用料金は、平日大人最大2,000円、学生(小、中、高)1,000円ととってもお得!

ネコちゃん達のおやつをガチャガチャで100円で買えるようになっていて、私の娘も来る度に必ずおやつを買って、あげさせてもらってます♥♥


私達が伺った時は、アニマルレスキュー代表の柏崎ルミさんもいて、ルミさん、浩子ちゃんが、ネコちゃん全員を優しく名前で呼んでかわいがってる、その姿に心打たれました♥♥


「ネコちゃん達にスタッフとして働いてもらってます」っていう通り、案内表示板には、「にゃんスタッフがいやがる事」なんかも、子どもにもわかるように描かれているんです♪


もしかしたら処分されてたかもしれない命…。
その命が、この『にゃんLiving』で、スタッフとして幸せそうに暮らしながら、里親さんとの出会いを待ってる姿に、こちらが幸せな気持ちになります…。

『にゃんLiving』ブログはこちらー

コメント

タイトルとURLをコピーしました