「ひだのわらべうた」

100年先の子ども達へも歌い継がれていくことを願ってー

飛騨地方には、独自に生まれて歌い継がれてきたわらべうたがたくさんあります。

それは、親子で笑顔で向き合う時間、ふれあう時間を大切にしてきた、飛騨人の優しくて温かい心が生みだした、無形の宝物です。

だんだんと歌われなくなって、消えつつあるこの無形の宝物を、今、子育て中のお母さん達、子ども達に知ってもらって、子育てや遊びに活かしてもらえたら…、そんな想いで地元のご年配の方々を取材し、ビデオに撮って、それをひとコマひとコマ止めて楽譜を起こし、遊び方を図解し、平成27年秋に「ひだのわらべうた」を発刊いたしました。

 

 

◆歌集「ひだのわらべうた」を作成するにあたってのエピソードは、ぎふジョ(岐阜で活躍する女性)に紹介されています。

◆歌集「ひだのわらべうた」、CD「ひだのわらべうた」をお求めの方はこちらー

◆「ひだのわらべうた」の授業(新宮小学校 1年生の音楽)を取材して下さった、フリーライター 赤尾めぐみ氏のレポートもぜひご覧ください。

 

飛騨のわらべうたを取材する様子

 

◆2015年夏の「大地のめぐみサマーフェスティバル」にて、くまモンと一緒に飛騨のわらべうたで遊びました!

 

◆2017年に制作された「高山市政施行80周年記念映像」:「時をこえて大切なもの」のエピソード1「子ども達に伝える」にて「ひだのわらべうた」を取り上げて頂きました!